YES MAN って映画観た

CATEGORY生活
yes-68480_640.jpg
最近、芸能人の誰かの人生で一番影響を受けた映画がジム・キャリーのイエスマンだって記事を読んだ。それが誰だったかはもう覚えてないが、「ふぅ〜ん、俺観たことないわ・・」とだけ思ってたらたまたまアマゾンプライムで観れるみたいでおすすめにでてたので急に興味が湧いて観たというワケ。

普段はジム・キャリーのコメディなんて98%観ないのにそんな経緯で視聴。
期待に反してNO!から始まる主人公の人生はNO!ばかり、友達の誘いも断るし上司の誘いもとにかくNO!人と関わる事が嫌いなまるで俺。友人の飲み会もここ何度か仕事を理由に断ってた、人もあんまり信じてないし、とにかく疑うことからはじめてる。

そんな俺的主人公があるきっかけからYESとしか言わないと誓ったら本当に人生が好転していくお話。これ、実話に基づいているんだって・・。
確かに最初はすべてYESで答えたらろくな事がない・・ほらみたことかってなるんだけどその不運が普段なら出会いもしない新たな人と出会うきっかけへ・・そこから人生のパートナーみたいな人と出会って・・みたいなお話。

確かに・・確かに・・同じ道ばかり選んでいたら誰とも出会いなんてないな・・と。ここで出会うヒロイン役のズーイー・デシャネルがめちゃめちゃ可愛いんだけど・・流石に実際にはこんないい話はない・・と思うのだが、それでも普段の退屈なルーティーンから抜け出さないと何も起こらないのは確かだ。俺には本当にポジティブ思考のお手本のような映画。ビジネス書ばかり読んでいると無駄な飲み会は行くなとか書いてあるんだけどそれとは真逆。出費を抑えられてお金を貯めても人生がつまらなければどうしようもない。年齢を重ねるにつれ無駄だと思えるものにお金を使わなくなったけど決してすべてが無駄だとはいえないって事。
この映画をみていると結局は最愛のパートナーを見つけることこそが人生の一番の目標?みたいにも思えてくるのだが・・俺はもう結婚しているしね。
でもこの考え方にはかなり影響を受けた。明日から私もYESと言ってみよう!まぁ映画みたいにできるわけないから70%くらいYESにしようと思う単純な俺。
面倒くさい仕事も、人からの頼まれごとも快くYESと言ってみたら人生が好転するかもしれない。本気でそう思いだした。

俺だって、今の会社に入って10年くらいはすべてYESって言ってきたんだけど、そうすると周りからのウケや評価はいいんだけど、会社では本当にうまく利用されてるだけってある時わかったのね。そして周りのウケや評価が上がったところでなんにもならないし本当に自分が困っているときには誰も助けてはくれなかった。だから自分でNOって言ってそこから抜け出したんだけど、それ以来頼みやすい人間に見えないようにしてきた。(普段から文句を口にだすようにして・・)
でもこの映画をみるともう一度YESって言ってみようかな?その方が楽しそうだな〜って少し思えるようになった。映画を最後まで見るとわかるけどNoももちろん必要。ただ今の俺を変えるきっかけはYESなのだと・・。とてもいい映画だった。変な終わり方だが、今年はYES!でいい年にしよう!!


タグ: 生活 

 

0 Comments

Leave a comment