手取り14万円お前が終わってんだよの解説動画を見て

CATEGORY仕事効率
タイトルみて、だいたいこんなことだろうと・・
特に興味はなかったのですがたまたまこの動画を観ていると
クラウドワークスのことについて触れられていました
ワークスは、私にもできるかどうか不安だという考えから手を出せていません

ただやり始めなければどうにもならないことはわかっています
詐欺案件があるとか、不安要素はたくさんありますが
それでもとにかくやってみなければ何も分かりません

この動画を見ていて再び
クラウドワークスに挑戦してみようかなという気持ちが
芽生え始めました

そしてこの動画の中で書き起こし作業について触れられています
この書き起こし作業はアプリなどを使って文字変換することで
簡単にできるということは私も理解していましたが
実際に本当にこれをやっている人がどれほどいることか
本当は使えないんじゃないか?
とすら考えていました
しかしホリエモンがこうやって解説することでこの方法が
本当に有効な手段だということを改めて認識させられました

(ただし、ホリエモンはきっとクラウドワークスなんてやったことがないでしょうし
 実際に調べてみると純粋な書き起こし案件なんて単純な仕事はほぼ見つかりません。)


そしてもう1つ、その文章に変換できたものを
修正するソフト JUST RIGHTについても
触れられていました

 私も校正ソフトまでは知らなかったのですぐにネットで検索
するとアマゾンで¥33,980といいお値段がするじゃないですか!
諦めかけながらもう少し調べてみると
一太郎でほとんど同じことができることがわかりました
一太郎も通常版で¥14,714しますが
他のこともできる総合的なソフトと考えれば
こちらの方一個人にはが断然良いように思います

私は事務作業をしていた時に
少しでも作業効率をあげられないかと考え
最終的に行き着いたのが日本語入力システムATOK一太郎でした 

私は文章を書くことは割と苦もなく出来るのですが 日本語表記的には
かなり間違いがあるということを自覚しています

やはりどこが間違っているのか?
ちゃんとした文章とはどういうものなのかというのを
校正ソフトを使うこと正しい日本語をで理解しておきたいと思いますし
仕事で使うスピーチ、文章作成などにとても便利に使えると思います。

校正ソフトがどれ程のものか興味があるところです。
今更ですが再び一太郎がほしいと思いましたね。


タグ: 仕事効率  Amazon  お金