B'z Live - GYM Pleasure2018 HINOTORI 11/24 wowwow

CATEGORY音楽
11/24日にBSでB'z Live - GYM Pleasure2018 HINOTORI が放送されました。
夏にこのライブをみに行ったもので楽しみにしていました。
そして放送を見た時に、ふと疑問が浮かびました。
・・・どうして最終日のファイナルをBlue-Rayにしたり放送したりするのだろう?

当然、ファイナルは東京の大ホールで今回も味の素スタジアム。
セットからなにから豪華、アーティストもファイナルということで気合が・・と
いうのはもちろんわかるんですけど・・・。

疲れているんですよね・・
アーティストが・・とくに、ボーカルが。

一年かけて全国をめぐるツアーの最終日ですよ。
いくら超人的な喉を持つ稲葉さんでも喉が荒れています。
最初の曲からそれがわかるし、見ていてもしんどそうです。
稲葉さんに限らず、ほとんどの方のボーカルは最終日には
疲れています。とくに男性ボーカリストは顕著にわかります。

もちろんプロですから大丈夫かな?って出だしでも最後まで歌いこなせてます。
素人なら3曲めくらいで高い音がでなくなります・・。
(ただ稲葉さんも、万全の時と高い声の出し方が違います。)
きれいな高音を出すというより、ライブの最後までもたせる出し方になっているのは
こんな素人の私にすらわかります。

そして、もう一つ。

やっぱりいくらファイナルで豪華なステージで気合が入るといっても
人間ですからアーティスト本人が飽きます。
そうやって自分たちの曲に飽きた演奏は、聴いている側にも伝わります。
同じ曲を聴いても最初にいったライブはすごくよかったのに今回は
そうでもなくなって・・演奏すら楽しくなくなり消えていくバンドが多くいます。

格が違うB'zですらここ数十年はそういう自体に陥っていたのではないでしょうか?
しかし、今年の夏にみたHINOTORIは違ったんです。
楽しそうな演奏はこちらまでとどき、稲葉さんの声も衰えるどころか安定して上手さを増し
とてもすばらしいライブでした。
久しぶりにB'z復活のまさにHINOTORIだと感じた瞬間でした。

そんなライブを実際にみたのですから、最終日の疲れた演奏の放送に疑問を感じました。
当然ツアー初日などは、まだ体があたたまらない感じでしょうが・・
ツアーの真ん中くらいのアーティストの調子が最高な時にファイナル並のドーム会場で
映像をブルーレイ化すればどんなにいい映像がとれるだろうか・・?・・と・・

もちろん商業ベースではそんな戯言、じっくり間をあけて心と体を休めれば
最終日でも大丈夫だろうと思っているのでしょうね。本人たちですら・・

ただ現実はそうではありません・・
私が見たあのライブが映像化されていたら、あの時の体調と心をファイナルに
もってこれたらさらにファンが増えるのに・・
そう思った今日この頃でした。



タグ: 音楽  B'z 

 

0 Comments

Leave a comment