四国 レオマワールドへ行ってきた。

CATEGORY生活
先日、四国のレオマワールドへ行ってきました。
もちろんディズニーランドとかUSJとかと比べてはいけません。

乗り物は少なめ、スタッフの方々もすごくがんばっていますが、
絶対的人数が足りていない。

アトラクションによっては人を乗せる、点検、ガイドアナウンス等を
一人でがんばっています。

なのでお客は少ないですが待ち時間は、ディズニーランド並みにかかります。

そして一つ一つが丁寧ですが、手作業?といいますか手動です。
VRジェットコースターなどに乗るとちゃんとVRが装着されているか
一人ひとり丁寧にチェックしてくれます。・・なので待ち時間はすごーくかかります。
よく言えば丁寧、悪く言えば手際、回転?システム自体が悪いです。
それはスタッフのせいではなく、アトラクション自体が試験的なもので
既存のジェットコースターにVRを足したりしているため
ある意味未完成なのです。

最初は、人もアトラクションも少ないしこれくらいのペースが
ちょうどいいのかな?なんて余裕こいてましたが、後半はだんだんイライラ
してきます。

ちなみに、ディナーバイキングも行ってきました。
家族4人で1万2、3千円です。
料理は、そこらの下手なホテルよりもおいしいです。
しかし・・客の詰め込み過ぎです。

ホテル宿泊客から日帰り一般客まで
昼の12時から直接ホテルで予約をとるシステムもどうかと思いますが、
料理が置いてある階とは別の階にまで席が用意されています。

なのでいちいち階段を上り下りして食事を取りにいかなければならない。
この時点でありえないのですが、それにも増してすごい人です。
ちいさい子供などはゆっくりと連れて行けないほど混み合っています。
(当然食事の時間帯を過ぎれば少し空いてきます。)

そこで1時間半のバイキングですので景色など見る暇もなく
争奪戦でおなかが減っていると一山いくらの扱われ方にイライラすることも
あります。この扱われ方で客にマナーや品を求めるのは逆に難しいでしょう。
もしかすると九州の有名なホテルバイキングなども
こんな感じなのかな?採算を採るためには仕方ないのかもしれません。
おいしかったですが、また行きたいとは思いませんでした。

それからアトラクションへ戻ります。
するとイルミネーションが一面に広がっていてテンションが上がります。
正直ここで今日はじめて楽しいと思いました。
プロジェクションマッピングは1回みたらいいかな~って感じですね。
それでもイルミネーションの中を歩いて写真を撮るだけで楽しくなってきました。
オーロラ・・これはライブなどに行くとよくあるレーザーのやつですね・・
見慣れている人にはオーロラとは見えませんが、曲もあってそれなり。
最後に花火。
これは、とてもきれいでした。
ディズニーランドへ行った時は2日とも強風の影響で花火が中止になっていたので
ここだけはディズニーランドより感動しました。めちゃめちゃ近いし。

夜行くと時間は限られますが、そこそこ満足できると思います。

よかったところと言っていいかどうかわかりませんが、
オーロラは土日なしのはずなのになぜかやっていた。
ディナーバイキングも土日はステーキなしなのにありました。
うれしい誤算ではありますが、そこらへんがゆる~い感じ

残念だったのは回転の悪さと、ランタンナイトがパンフレットの写真と
まったく違ってかなりしょぼかった点。
ラプンツェルみたいに娘を撮影しようと思っていたのですががっかり。
どうやったらあんなパンフレットみたいな写真がとれるのか不思議。

冬なので野外プールは当然なかったのですが、外から見る感じでは
やっぱり写真と違う。思ったより狭くてとても夏のプールだけに
家族4人で1万払う価値はなさそうなのがはっきりしました。

それでもスタッフは笑顔で一生懸命がんばっていて大変そう。
人件費を削られて逆にかわいそうに思えてくるほどです。
スタッフには多くを求めてよく教育されてますが、
システム、企画を考える上の方たちの怠慢?
アトラクションもディズニーを意識されているのでしょうが、
外から見ただけで多分乗ってない・・
レジャーランドの生き残りって難しそうですね。

子供たちは楽しめていたようだし一度はいってもいいかな。
私は何回かきているのでいろんな意味でおなかいっぱいでした。


タグ: 生活  子供  旅行