Kindleの良さは買ってみないとわからない  32GB

CATEGORY生活
M4200005.jpg 
プライムデーでKindleを買ってから1か月が経つのですが、
やっぱり買ってよかったと思えるので今更私も書きたいと思います。

私は、本を見るのが大好きですが実は読むのがあまり得意じゃないんです。
昔から本屋などに行けば興味がある本が沢山あってついつい買ってしまうのですが
実際に家に帰って読んでいるのかといえばちゃんと読んでない。
そんな上昇意識ばかりで中身が伴わない一番ダメなタイプの人間です。

書籍が電子化になりだした頃、家族もできた私は収納を圧迫していた
捨てられない本を片っ端からSCANSNAPでPDF化し
なんとか狭い家の空間を開けました。

そしてIPADに自炊した本を入れ、これなら好きな時にすきな本を読める・・
と思っていましたが、実際には目が疲れる・・重たい・・
結局PCの大画面で見るのが一番見やすい・・でも座ったままは疲れるので
PCでパラパラと読んで終わり・・それ以前に
自炊しただけで満足してしまいここでも本を読むことはありませんでした。

それでも年齢とともに目も弱くなってきて、目が疲れにくければ読めるんかもと
Kindle whitepaperをプライム会員になってプライムデーに購入しました。

長くなりましたが、Kindle、素晴らしいです。
本当に目が疲れない。そこまで期待してなかったのですが液晶タブレットとは
まったく違います。画面だけではありません。

今更はじめてお目にかかった拡張子awz3、MobiはPDFやJPEGよりはっきりしていて
Kindleで本を読みやすくるための文字間やレイアウトが整っていて
ピンチアウトで画面からはみ出ることなく文字の大きさも変えられます。

ページめくりも思った以上にスムーズでストレスなどありません。
そもそも本当に本を読んでいればこのページおくりの速さでじゅぶんなのです。
他にもパラパラと飛ばせる機能なども充実していて本当に本を読むための
専用機なのだなと改めて感心しました。

Kindle購入以前にSDカードで拡張できないのが唯一の不満だったのですが、
想像以上にたくさん本が入ります。それもそのはずaw3やMobiに変換すれば
PDF、JPGのZIPファイルよりかなり小さいサイズになっているのですから。

そして一番大切な部分。こんな私が実際に本を読むのかというところですが
実際に読んでいます。多分本が好きな人からすればかなりおそいペースなのですが
それでも一通り最後まで何冊か読んだのです。
この現象や読みやすさは、文章や言葉では表現できません。
私にもなぜこんなに今までと違うのか理解できないのです。

プライム会員なので一部の本は無料で読めます。
それが一度にダウンロードできるのが10冊という縛りになっていて
読み終えた本や、面白くなかった本は削除すれば新しい本を
ダウンロードできる図書館のようなしくみになっています。
これは、不便なようでとてもすばらしい機能なのです。

なんでも同じですが、あれもこれもたくさん一度に手に入れると
手に入れただけで満足してしまいどれもちゃんと読もうとしないのです。
ゲームでも音楽でもお金が自由になり次々と購入できるようになると
1つの作品に集中できない。
それがこの10冊という縛りでちゃんと本を読むようになるのです。
もちろん図書館とちがい借りに行く手間もなければ他の人に借りられている
事もない。一度削除しても何度でもまたダウンロードできます。

そして私の大好きなビジネス本を何冊か読んでいて
やはり、本を沢山読む、処理できるようになることは
本当の自分の能力UPにはかかせない事だと再確認しました。
最近話題の東大主席弁護士の方も沢山の本をかなりのスピードで
読めます。

頭がいいといわれる人はみんなたくさんの本を読んで
かなりのスピードで処理できるようになっているのです。

この年齢になって本を読む本当の楽しさを実感しています。
子供にももっとはやくからたくさんの本を読む習慣を何よりも先に
身につけさせてあげればよかったと思います。
(下の子は今からでも間に合います。児童書もプライム本にはたくさんあります)

今年の冬のサイバーマンデーには子供たちにもKindleを
買ってあげたいと思います。

最後に一つだけ注意点をあげるとすれば購入時点ではすべての機能がオンに
なっています。ワンクリック購入もブラウザも・・パスワード入力さえもなしで
私もさっそく手が触れてしまい勝手に購入してしまいました。
すぐにネットで調べて返金することができましたが電話で実際に人と話すので
夜遅くは遠慮してしまいますし、ワンクリック機能、ストア購入機能をすぐに
オフしておくことをお勧めします。(特に子供に渡すときには)

あっ、それとKindleはやっぱり雑誌などのカラー本には向いていません。
それを埋めるのがHD8や10などの格安タブレットなのです。
HD8の良さはまた別の機会にご紹介できたらと思います。


タグ: 子供  生活  満足感  ★★★★☆