Digaのハードディスクをクローン作業なしで3Tに交換 BWT510

CATEGORY生活
M3740006.jpg 
Digaのブルーレイレコーダー BWT510 のハードディスク交換(大容量化)に成功しました。

いろいろ調べているうちにわかったのですが、最近の機種はHDD交換ができないようになっているのですね、最初は機能重視で少ないHDDのものを購入しておいて後から足らなくなったらHDDだけ交換するということができないのなら最新の機種の購入意欲がかなりなくなりました。

結論から言いますと、雑誌に載っていた外付けHDDに一旦登録したHDDを内蔵と入れ替えるとHDDのクローン作業なしで簡単という方法では、上手く3Tが認識されず、結局バイナリを触ってようやく3T化に成功しました。
続きに大体の方法、を記録しておきます。

まずHDD選びですが、私の購入時点では4TBのHDDが1TB当たりの単価が最安で売れ筋だったのですが、耐久性と交換時の不安から結局WDのAV向けを購入したので1万円前半の手ごろな3Tになりました。(内蔵HDDはいくら大きくても3000タイトルしか表示されず、外付けは1000タイトルまでです。)
(雑誌の情報では外付けとして認識できるHDDが3TBまでなのでクローン作業なしのこの方法では3TBまでしかできないとのこと)

HDD選びはこちらを参考にさせていただきました。HDDについて
交換もこちらを参考にさせていただきました。こちら
私のHDD選び記事はこちら

★私の購入先(AMAZON)



私の使った方法では、HDDのクローン機器を使いませんから持っていない人は5000円のお得になります。しかし、元のHDDの内容はすべて消えてしまいますから、必要なものはブルーレイに保存しなければなりません。

★HDDクローンマシーンを買うなら


交換してみて気がついたのですが、一度新しいHDDを内臓として接続すると交換前のHDDをもう一度接続しても認識されません。もう以前のHDDの内容を入れ替えても見ることはできませんので十分注意して必要なものは必ずブルーレイに焼いておいてください。

まず、雑誌の掲載どおり新しいHDDをusbで外付けHDDとして認識させます。(接続機器別途必要)M3750002.jpg メディアを使うからM3750004.jpg USB-HDDを選択M3750005.jpg 決定   M3750007.jpg 登録を選択M3750008.jpg 待つ・・・M3750011.jpg M3750012.jpg M3750013.jpg  
ずらずらーっと写真を並べましたがここまでで外付けHDDとしての登録終了です。
ここで残量を必ず確認してください500GB→3Tへ6倍も増やしたのに残量が73時間(DR)しかありません。私はこのことに後で気がつき、取り付けたHDDを後でまた外すことになりました。

こちらからバイナリエディタのHxDをダウンロードしてwindowsにインストールしてください。
この後の手順はこちらを参考に・・

お気づきかと思いますが、この外付けHDDとして認識させたHDDは500GBではありませんので
当然バイナリエディタのコントロール+Fで 51 BA 80 0E を検索してもでてきません・・・
(※HxDは必ず管理者として実行してくださいそうしないと表示されません!)

そこで取り外した500GBのHDDをPCに繋ぎこの 51 BA 80 0E を8箇所さがして同じ場所を 3TBの E6 5D 04 57 に変換していくことになりました。
(取り外したHDDを調べなくても変換するバイナリの場所はこちらを参考にしてください。)

2017年現在では設定値は2つ書き換えするのが主流になっているようですが、もう一つの値を検索したところ8箇所以上検索結果がでてしまいましたので2つ目は書き換えしませんでした。
今回は1つの書き換えのみで実行しましたが、いまのところ不具合は出ていません。

あとは物理的な交換です。

M3750020.jpg 
こちらも参考サイトを参考にしていだだくとして割愛させていだだきます。(こういう言葉つかうと急にサラリーマンって感じ・)(埃まみれ!この機会に掃除してくださいな)

新しいHDDはすぐに固定せず、実際にちゃんとした録画時間が表示されるかなど確認してから固定するようにしてください。このとき電源を入れた状態でのHDDの取り扱いはかなり注意してくださいね
落としたらすぐ壊れますよ~

M3750025.jpg
作業中こんな画面もでてきました。かなり焦りましたけど再起動でなんとかいけました~(汗)
 M3750026.jpg 新しいHDDをつないで
M3750027.jpg 初期設定からM3750028.jpg HDD/ディスク/USB-HDD設定M3750029.jpg HDD設定を選択M3750030.jpg HDD管理3秒以上決定ボタンを押すM3750032.jpg HDDのフォーマットM3750034.jpg はい を選択M3750036.jpg 実行!M3750037.jpg ・・・M3750039.jpg 完了
M3750045_20171015132425b00.jpg 成功!

ちなみに同じDR(録画モード)でも録画番組がBSかCS、または地上波などによって残量は変わってきます。
録画時間が合っているかどうかの目安はこちらを参考にさせていただきました。
BSの場合だと3TB HDD で約270時間で正解のようです。

これで我が家のブルーレイはDRで276時間、今は5倍のHLでほとんど録画していますので1300時間ほど、毎日の残量確認ブルーレイディスクへの書き込み作業が減って録り放題です。
ここからはもう外付けHDDで管理しようと思います。もうブルーレイディスクが増えるのもうんざりなので・・

追記
どうして3TBHDDを一旦外付けにする方法でちゃんと3TB分認識されていないか理由がわかりました。
私のDIGAは外付けだと2TBまでしか対応していませんでした・・・。
ご自分のレコーダーの外付けHDDの対応容量をよくお調べになってから作業をすれば
バイナリなどイジらないで交換が可能だと思います。

AV用内蔵HDD
HDDクローン
NAS用で耐久性に安心 8TBHDD
外付けHDDを一旦外付け化して分解して内蔵にするのもアリ
こんなんもあります

タグ: 家電  生活  diga  HDD交換  ★★★★★ 

 

0 Comments

Leave a comment