テラスルーム購入

CATEGORY生活
台風11号、やっとすぎた頃の話。
珍しい進路をたどったので自分の住んでいる街にも久々に直撃しました。

今回はテラスルーム購入のお話です。
私の家は、最近テラスルームを購入しました。
屋根つきで四方が囲まれていて、雨が降っても洗濯が干せるというあれです。



b3a8377f.jpg


3aa3137e.jpg

施工前施工後

それまでは、二階の寝室からつながるベランダに洗濯物を干していたのですが
雨の日や、花粉の時期になると寝室に部屋干ししていました。

その部屋以外に部屋干しの選択肢はなく、
部屋干しをすると部屋の中がジメジメと体感できるくらいです。

あまり精密機器を置くこともできませんし、
当然狭くなり、他の用途に使うことができませんでした。

部屋干し用の乾燥機などを買ったりと四苦八苦していたのですが、
やはりジメジメ感は、ひどいものでした。

私の家は4人家族です。子供達はまだ小さいですが、どんどん成長していき
洗濯物も次第に増えて家もスペースが狭くなってきます。

そこで、以前から念願であったテラスルームを購入することになったのです。

以前から念願であったのに、なぜ今まで買わなかったのかといいますと、
やはり、値段ですね。

毎回、ボーナス時期にホームセンターへ行っては想像を超える値段に
尻込みしていました。
少なくとも40万円、実際には物干し竿台などのオプションを
いれると最小のものでも見積もりは50万円を越えていたからです。

ほぼあきらめていたのに買うことができたのは地元から少しだけ離れた
ホームセンター「コメリ」さんで工事費込みで30万円台のチラシを
見つけました。

実際に購入した内容は
YKK-APサンフィールⅢ 間口1.5間×出幅4尺(最小タイプ)
熱遮断ポリカ(屋根)・・必須です。  ここまでで 257,000円

吊り下げ式竿掛け 5400円
網戸2台 3680円 × 2 = 7360円
組み立て工事 80240円

床切欠加工費 4700円
既設エアコン配管延長工事 13300円

で合計 368000円

になりました。
ここで既設エアコン配管延長工事とは、既設のエアコンの位置が
テラスに当たるので移動させる工事です。

配管を延長しなくても移動させるだけでできるのではないかと話を
したのですが、結局は電気工事がきて少し延長しただけで13300円
かかってしまいました。(結局エアコンのガスの入れ替えもしなかった
のですが、せっかくきたので~移動後の確認はしっかりやってくれましたし。)

床切欠加工は、エアコンの配管がテラスの中になるので床を切欠く工事
です。(これは、納得できる工事)

また、自分でもできそうなケーブルを移動させる工事も
頼んでいたところ、工事費22300円の見積もりがきたので自分でやりました。

結局のところ、なんだかんだと工事費で値上げしてきますね~。
そこで利益あげないといけないのはわかるんですけど。

網戸も窓全体はめったに開けるものではないので全面にはいりません。
風通しを考え小窓にあればよいのです。(後から追加もできる)

屋根の熱遮断ポリカは必須です。夏は想像をはるかに超え暑くなります。
熱気を部屋に入れない為にも熱遮断ポリカだけははずせません。

どうですか?
うちは368000円でしたが、いいなりの人には安く、自分である程度できる人
には高いと感じたかもしれません。
(他のいろいろな施工例を見ても値段に差がありすぎますよね~)

そうそう、下は支柱にコンクリートアンカーを入れただけの仕上げですが、
十分です。

今回の台風、心配でしたが強風にも特に問題ありませんでした。

あまり長くなってしまいましたので、続きは別の日に。
工事連絡の不満、テラスの良いところ、悪いところを書きたいと思います。


タグ: 生活  ★★★★★ 

 

0 Comments

Leave a comment