20年ぶりに東京ディズニーリゾートへ行ってきた! パート2(計画、費用)

CATEGORY子供
旅行会社に行ってある程度の日程を言うとパンフレットを出してくれます。ここで値段が分かるのですが頻繁に旅行されていない方はパンフレットを見ても何が何やらさっぱりという感じではないでしょうか旅行会社の方の説明は予備知識がないため半分以上が「右から左」とりあえず家に持って帰って再度見直すしかありません。

それではパンフレットの味方から
まずパンフレットから行きたい日付のところそれぞれのホテルにABCD~があると思いますが
Aが一番混雑が少ない、つまり安い期間。Dとかになる程、人が多い。つまりは高額になっていきます。

20170712095206.jpg

そこで自分の行きたい日にちが本当に安いのかどうか、泊まりたいホテルがあるのかどうかをチェックします。私の場合は安ければ安いほど良いと思っていましたのでパートナーホテルのオリエンタルベイ三井住友ホテルにしました。ここでさらに安い日付の3日間行くのでしたら3日並びのところを確認し、行く日を決めます。

パンフレットには2歳までのオフィシャルホテルの添い寝プランと2歳から11歳までのパートナーホテルを含めた添い寝プランがあります。
これはいっしょに子供と寝るためにベットは1つで良いというプランで、場合によっては安くなりますがなぜか子供の添い寝プランの方が高くなる場合も普通にありますので通常の大人人数と考えた方が良いでしょう。

次にその日付のところにある値段は当然1人分の値段ですのでそれを×人数分。我が家の場合は4倍します。今回の場合は4月16日から4月19日の4日間がBプランで行けますので32,600円
これが日曜から水曜となっていますので月曜から水曜の方が空いていると考えて月曜から水曜に行くことにしました。

そしてディズニーのチケットを別で購入を考えると3日間ですのでてマジックパスポートを取ります。大人以上が17,800円×2、子供が2人ですので11,500円×2 合計58,600円を追加します。

20170712095716.jpg

すると最初のホテル+飛行機代Bプラン32,600円× 4 + ディズニーチケット代58,600円で189,000円というのが今回の旅行代金となりますそこからギフトプランや早割プランなどを引いて数千円が引かれるぐらいのことになります。
今回私たちのプランにはギフトカードが付いてましたので4人分4,000円を引いて185,000円で行けることになります。それプラス旅行先での食事代や買い物代がプラスされます。しょっちゅう行ってる人でないなら+10万くらいをみておいた方が良いでしょう。

次にその日のフライト追加代金も見ておきましょう。
20170712095414.jpg

今回の場合は追加なしの日程でしたので追加料金はゼロです。
また朝一の便で行って最終便で帰りたいという方もいるかもしれませんがその便が空いているかどうかもチェックしなければなりません。
これは旅行会社に行って日程をいうとチェックしてくれます。

荷物は行きの空港からホテルまで直で運んでくれるプランがありますので利用すると楽です。
ここから後の細かいことは旅行会社の人がいっしょに決めてくれます。

タグ: 旅行  子供  ディズニー